スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病気のその後

六道山の小川
六道山の小川 posted by (C)Ulysses

マックスの病気でご心配頂いた方々、ありがとうございました。
まだ病院に行ってから日が浅いので、快方に向かっているのか何とも言えないけど、痛がることは無いみたいだし、おしっこもシャーッと出てくれているようで、その点まずは一安心です。夜の散歩も今までより遅い時間にもう一度して、トイレを我慢させないようにしています。心配だった処方食、むしろ通常のフードよりも良く食べてくれるのが意外でした。後で聞いた話ですが、(尿結石の) 処方食は通常のフードよりも味が濃い(つまり美味しい) のだそうです。濃くすることによって、喉の渇きを招き、水を飲ませる効果があるそうです。なるほどですね。

タンポポびっしり
タンポポびっしり posted by (C)Ulysses 

さて今日はもう一つ、女房の手術の日でもありました。まあ、15分位で終わる簡単な手術で、本人も髪の毛切ってから行く、というので立ち会うことはせず、マックスの散歩が終わってから迎えにだけ行くことに。いつもの如く、ジョイフルに寄って六道山というコース。写真は撮らなかったけどジョイフルのフードコートで会った柴犬の女の子、迷い犬だそうです。先住犬の甲斐犬の男の子と一緒のカートで、同じように可愛がられてました。優しい人に見つけられて良かったね

カナヘビ見っけ
カナヘビ見っけ posted by (C)Ulysses

食べちゃダメだぞ
食べちゃダメだぞ posted by (C)Ulysses

この花は?
この花は? posted by (C)Ulysses

この鳥は?
この鳥は? posted by (C)Ulysses

天候も気候も安定しないけど、ちょっと前に来た時には見かけなかった、タンポポラベンダーチックな花が咲いてたり、カナヘビが元気良く動き回ってたり、季節は確実に移り変わっている六道山でした。ここは静かで我が家のビビリでも喜んで歩くし、管理事務所横の水道は、数少ない完全露天でも水を飲んでくれる場所なので、お気に入りの散歩コースなんですよね。

術後
術後 posted by (C)Ulysses

6針縫ったよ
6針縫ったよ posted by (C)Ulysses

術後のお楽しみ
術後のお楽しみ posted by (C)Ulysses

六道山から病院の近くに移動して待機していると、に終わったよコールが。すぐ迎えに行くと、思ったより痛くなかったと言ってました。普通、分厚い皮の、足裏の麻酔は女性の場合、泣いてしまう人もいるくらい痛いそうで、腕の良い先生で良かった、と言ってました。幸い、麻酔が切れた後も思ったほどの痛みにはならなかったようです。とは言っても、一応6針縫っているので、しばらくは踵に体重を掛けることが出来ません。当分は男同士の散歩になりそうです。それはともかく、手術も無事終わったし、喉も渇いたし、マックスにも水を飲ませたいしということで、秋田犬の店に寄り道することにしました。

尿結石でもOKのおやつ
尿結石でもOKのおやつ posted by (C)Ulysses

ここに寄った理由はもう一つ、ママさんが犬のこと全般にとても詳しく、この病気について有意義な話が聞けるかな と思ったこと。期待通りというか、尿結石でも比較的安心して与えることが出来るおやつ等教えて頂き、実際にも試食させて下さいました。お客さんのワンちゃんでも同じ病気の子も多いそうで、処方食以外でも同じような効果が得られるフードもあるそうで、やっぱり寄って良かったです。

眠い・・・
眠い・・・ posted by (C)Ulysses

尿結石についてもう少し、前回も書いたようにトイレを我慢させない(尿を濃くしない) こと、ミネラルやシュウ酸、マグネシウムの摂取を控えることの他、脂肪の摂り過ぎや水分の不足がこの症状を招く原因だそうです。うちもそうなのですが、フードを食べないからと、肉を焼いたり茹でたりしてトッピングしてあげても、その量が多すぎれば脂肪過多になり結石の原因になってしまいます。また、ドライフードよりウェットフード(或いは生肉食) の方が水分が多いので尿結石になり難いそうで、水をあまり飲まない子の場合、フードをお湯でふやかしたり、水の中に少量の牛乳を混ぜるのも効果的、と教えて頂きました。まあ、安静にしなければならない病気ではないので、散歩もドッグランも今まで通りに連れて行き、言われたことを守って焦らず、来月もう一度検査をするつもりです。その時、「完治しました」 と報告をしたいものです、では、また。 

スポンサーサイト

Comment

Re:病気のその後(04/21)

6針も縫うなんて!奥サマ、大丈夫ですか?
痛みが出てないといいのですが、どうぞお大事になさってくださいね。

そうそう、処方食、くりも喜んで食べてました。
うちはアレルギーもあったので低分子プロテインとpHコントロールどちらも対応のフードだったのですが、
なんかフライドポテトみたいなにおいがして、おいしそうでしたよ。
そしてミルクを少し混ぜたお水(ミルク水)だと喜んで飲んでくれました。
それを見て主人が「まずそう・・・」とつぶやいてましたけど(^。^;)

2010.04.23 (Fri) | kurikuri11 #79D/WHSg | URL | 編集

Re:病気のその後(04/21)

昨日マックスママさんからコメントを頂いてマックス君が病気だということを知りました。
で、今日お邪魔したら マックスママさんも怪我してる~

体調が悪いとか痛いとか痒いとか等々を訴えていても見逃していたりするんじゃないかと心配になります。
ももは小さい頃から心音に雑音が入っていると言われ今でも月一でフロントラインをつけてもらいがてら心音のチェックをしてもらってます。
だから ペット保険も心臓病に関しては免責に…
今のところ特に症状も出ていないのでホッとしているのですが。
家の近所にいる柴わんこの8割はアレルギーを持っていて アトピーのひどい子は草むらに入るだけで「キー」と声をあげながら掻き毟っています。可哀想で見ていられません。
マックス君は大丈夫ですか?

どうかマックス君とママが早く元気になりますように…
お見舞い申し上げます。

2010.04.23 (Fri) | ちゃる #79D/WHSg | URL | 編集

Re[1]:病気のその後(04/21)

kurikuri11さん

>手術直後より時間が経ってからの方が痛みが増したようですが、踵に体重を掛けなければ大丈夫です。ご心配頂きありがとうございます。

人間の感覚でいうと、療法食の方が美味しいって不思議ですよね?尿結石用の処方食だけなのかもしれないけど、確かに見た目も手触りもサラッとしててノーマルフードより美味しそうですよね、油が新鮮な感じというか。本当は記事に書こうと思っていて忘れちゃったんですが、うん〇が臭くないのもありがたいです、理由は判りませんが。元のフードに戻したら食べなくなりそうでちょっと怖いですね、くりちゃんはどうでした?

僕もそう思います。(笑) 個人的に牛乳、バター、マヨネーズのように「白い色」のものが駄目なタチなので、自分では絶対に食したくないですね・・・。外食でも、白いものが出たら全部女房に任せてます。

2010.04.23 (Fri) | Siegfried #79D/WHSg | URL | 編集

Re[1]:病気のその後(04/21)

ちゃるさん

>怪我というか、検査をするために切ったんです。ご心配頂き、ありがとうございます。

仰る通り、動物の場合、病気なのかどうか、分かり難い時もありますよね?前から認識はしていましたが、今回のことで
如何に普段からの健康診断や、健康状態・動作の把握が大事なのかを痛感しました。普段の状態が把握できていれば、少しの異常も早期に発見しやすいですよね。ももちゃんほどの愛情を受けている子なら、もし万が一おかしいな?と思うことがあってもすぐ分かってあげられそうですね。心臓、何も起こらないまま、ゆっくり年を重ねていけると良いですね。

そうそう、柴ってアレルギーの子が多いみたいですね。うちは幸い、今の所春から夏にかけて口周りが少し赤くなるくらいですが、重症の子は本当に可哀想で・・・。人間の場合もそうですが、医療の更なる進歩で、効果的な治療法が見つかると良いですね。

2010.04.23 (Fri) | Siegfried #79D/WHSg | URL | 編集

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。