スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柴犬と超常現象

「心霊現象」って信じますか?うちは毎日のように2階で「カタッ」っという、引き戸をしめたような音がするのです。もちろん、2階には誰もいません。いわゆる、ラップ音(霊が出現する前触れに鳴ると云われるピシッという音) ともちょっと違う気がします。もう、大分前からなので今は慣れっこになって何とも思わなくなりましたけど。しかしついこの前、少々ゾッとすることがありました。

深夜1:45頃、眠れなくてボーッとしていると、「カラカラーッ トン トン」 と寝室の戸を開け廊下を2~3歩、歩き出す音が聞こえたのです。「女房が起きて、トイレでも行ったのかな?」 と思って横に目をやると、ちゃんと布団で寝ています。「じゃあ、今のは・・・?」 飛び起きて入り口を見ると、寝ていたはずのマックスが入り口の真ん前でオスワリしているではありませんか・・・。でも、あの音はマックスでないことは明白、気になるので1階に下りてひと通りチェックして見ました。当然、というか何の異常もありません・・・。あれは一体、何だったのでしょう・・・?

心霊現象とはちょっと違うけど、動物と会話できる人、いわゆるアニマル・コミュニケーターにマックスを見てもらったことがあります。うちのは超の付くヘタレ犬で、どうにかしてやれないかと常々思っていましたが、偶然前述の方と知り合いになり「良かったらいらっしゃい」 と言って下さったので好意に甘えさせて頂いたのです。詳細は省きますがこの効果はテキメン、何よりビックリしたのが、リードを外すと興奮のあまり制止や呼び戻しを聞かずにガーッと走っていってしまう気性が、ノー・リードでもトコトコ付いて来る従順な性格に激変したことです。不思議でしょ 同じ不思議なことでもさっきの話みたいのは怖いけど、こういうことなら大歓迎 ですよね。カウンセリングを受けて本当に良かったし、コミュニケーターの方にはとても感謝をしています。

2009 1 619.jpg

2009 1 623
2009 1 623 posted by (C)Ulysses

今年のワクチンを済ませてきました。その後、趣味の材料の買出しに。お腹が空いたので寄ったのがここ、テラスのみOKです。和風の造りながらメニューは和洋様々、限定○食のハズのランチ丼を頂きました。

2009 1 630
2009 1 630 posted by (C)Ulysses

2009 1 634
2009 1 634 posted by (C)Ulysses

2009 1 632
2009 1 632 posted by (C)Ulysses

ワクチン打った後だったんで、カートで散歩に。柴犬のフープちゃんの弟子 シェパードのラナちゃんに再会。柴好きのラナちゃんは・・・・・

ラナ 「何こんなの乗ってんの 早く降りなさいよ~

2009 1 637
2009 1 637 posted by (C)Ulysses

2009 1 650
2009 1 650 posted by (C)Ulysses

柴犬のコウタ君共々、柴好きのラナちゃんに手荒い歓迎 を受けたマックスでした。

2009 1 688
2009 1 688 posted by (C)Ulysses

アナザー・デイ&パークで出会った、柴とビーグルのミックスの女の子。名前は・・・・モモちゃん・・・だったかな 

2009 1 702
2009 1 702 posted by (C)Ulysses

この日はかなり歩いたので、最後の休憩に寄ったのがココ。綺麗な容器に美味しい紅茶、ダックス君達もいました。

2009 1 699.jpg

2009 1 696.jpg

2009 1 734
2009 1 734 posted by (C)Ulysses

2009 1 737
2009 1 737 posted by (C)Ulysses

久し振りにドッグランに。ビーグルの子と遊びそうにはなるんだけど・・・・。下の写真見て思ったんだけど、両サイドからあれやれば有名な、憲兵に連行される異星人の写真、再現出来そう・・・・。 上手く出来たら披露します・・・・・

では、晴れてきたので散歩でも行ってきます。
スポンサーサイト

食器台制作記



こんにちは。

今回は僕の趣味に関する独り言みたいなものなので、興味の無い方はスルーして下さ~い。

去年、マックスの誕生会でkazu姉さんに食器を頂きました。男の子らしい青の肉球マークが可愛くてとても気に入っておりました。そして今年、有難いことにチップママさんからもシックな焦げ茶の台の付いた食器を頂いたのです。

kazu姉さんのプレゼント
kazu姉さんのプレゼント posted by (C)Ulysses

チップママさんの贈り物
チップママさんの贈り物 posted by (C)Ulysses

さてそこで悩んだのがこの二つの使い方。取り敢えず並べてみるとこうなりますが、

ビフォー
ビフォー posted by (C)Ulysses

チップママさんに頂いた器はせっかくの台が遊んでしまうし、かといって台を使うと高さも見た目もチグハグになってしまうし・・・。ならいっそ、二つが並んで違和感なく使える台を作ればいいや、という結論になったのでした。

裁断完了
裁断完了 posted by (C)Ulysses

思い立ったら早速開始 裁断はホームセンターで板を買い(今回はファルカタ集成材)、寸法書き込んだ用紙を提出するだけなので楽です。円カットはやってくれる所とくれない所があるけど、お皿が埋まって縁で止まるサイズに、あと、板の厚みを考えた寸法にしないと組めなくなる可能性があります。昔、僕も失敗したことがあります。

組立途中
組立途中 posted by (C)Ulysses

完成!
完成! posted by (C)Ulysses

板は多少なりとも反っているので接着剤が固まるまで抑えが必要、端金という工具があれば楽だけど、今回はダンベルの錘りを使用、一応完成です。寸法ミスもなく、食器も無事に埋め込まれました。

仰角付けた
仰角付けた posted by (C)Ulysses

高さもまずまず
高さもまずまず posted by (C)Ulysses

マックスも今年で6歳、来年以降はそろそろシニアを意識しないといけない、ということで食べやすいように仰角を付けました。下にスリットが入ってるのは、角度を付けたことによって食べかすや水が床に落ちやすくなるでしょう? その受け皿、落下防止としてです。実際使ってみましたが高さもまずまず、見た目も違和感なく二つの食器が並んで中々良い感じ、と自画自賛しています。(笑)

せっかくなので塗装も
せっかくなので塗装も posted by (C)Ulysses

このままでも良かったんだけど、悪いクセで更に手を加えたくなって塗装もしちゃいました。
白木のままだと汚れが表面に染み込んでいずれは汚くなるし、木屑も出やすいし。木の仕上げは何種類かありますよね。木目を消してしまういわゆるペンキ、おかしやサラダ皿に使われる表面がツルツルしたオイルフィニッシュ。今回は木目を活かすオイルステイン、上塗りにウレタンニスをチョイスしました。

ネームも入れた
ネームも入れた posted by (C)Ulysses

ウォールナット
ウォールナット posted by (C)Ulysses

ステインの色目は何種類かあります。僕も過去、ウォールナット(くるみ 焦げ茶)、マホガニー(赤みがかった暗めの色)、オーク(樫 茶色)は使ったことがあります。個人的に、ダークな色調の方が見栄え、高級感が上だし、仕上がりもキレイ(ムラなどのアラが消えやすい)だと思っていますが、犬の食器に使うこと(多少、軽さを出したい)、いつも同じじゃつまらないということで今回、初めてケヤキを使ってみました。結論は思ったほど明るい色目じゃなかったな、やっぱウォールナットの方が見栄えが良い・・・かも・・・(笑) ま、これはこれで良いかな?

調子に乗ってネームプレートも。本当はもう少し小さいものにしたかったんだけど、うちの近所にはこれしかなかったので。ジョイフルに行けば有ったかな?無かったといえば、ニス塗りにお薦めなのがスポンジハケです。何故かというと、ハケって毛が抜けるんですよ。ステインなら乾燥してペーパー掛けすれば取れるけど、ニスの場合、中で固まって取れなくなっちゃうんですね。スポンジならその心配がないし、ハケムラも少ないし。しかぁ~しっ  今回、それも近所のホームセンターに無いのでこんな物も作っちゃいました。

秘密?兵器
秘密?兵器 posted by (C)Ulysses

見た目貧乏くさいけど、重宝しましたよ、ジョイフルや東急ハンズみたいな巨大ホームセンターが遠方の方はお薦めですね。ともあれ、無事完成して、久しぶりの工作も楽しかった kazu姉さん、チップママさん、そしてJUNJUNさん、改めてありがとうございました。

以前
以前 posted by (C)Ulysses

スッキリ!
スッキリ! posted by (C)Ulysses

もう一つおまけ、これも先日kazu姉さんに頂いたウン◎ケース。(笑) 前は袋に入れてリアワイパーの付け根にぶら下げていた(だって、車内に持ち込むと臭いんだもん)けど、これなら見た目もスッキリ。重ねてありがとうございました。

柴犬 インプレッション

助けて~
助けて~ posted by (C)Ulysses

「こんにちは、桃尻・爪切り・足裏バリカンの地獄の3点セットされて来たよ

やめてくれ~
やめてくれ~ posted by (C)Ulysses

ようやく終わりそう・・・
ようやく終わりそう・・・ posted by (C)Ulysses

桃尻完了
桃尻完了 posted by (C)Ulysses

「ようやく終わって一安心・・・。桃尻は元々お尻が薄いから柴パラさんの翔ちん達ほどボリューム無いのが悩みだよ

ひかり君に会った!
ひかり君に会った! posted by (C)Ulysses

大きくなったね!
大きくなったね! posted by (C)Ulysses

「散歩に行ったら6ヶ月のひかり君に会ったよ 前にトロで会った時より大きくなって、散歩やにも慣れてくれた感じだったよ

CT200H
CT200H posted by (C)Ulysses

アヒルにも衣装
アヒルにも衣装 posted by (C)Ulysses

どうしましょ?
どうしましょ? posted by (C)Ulysses

「久し振りにの悪い病気が・・・。今度出たニューモデルが気になってるんだって 車はレクサスCT200H、試乗もしてとどうしようかって話してたけど、それってお金があって買える人の台詞なんじゃない せっかく乗って来たからがインプレッションするって言うけど、興味の無い人はスルーして下さ~~~いっ




柴犬 新車インプレッション レクサス CT200Hの巻



何を隠そう(別に隠さないけど)、私は大の車好きです。昔はスポーツカー好きで2ドア、後輪駆動、右ハンドルは絶対条件でした。結婚後、車にばかりお金をかけられなくなったこと、愛犬を迎えたので物理的にスポーツカーではキツイことでここしばらくは大人しくしていましたが、久し振りに気になる車が出現してくれました。レクサスのCT200Hがそれです。

犬を家族に迎えてからは車に対する価値観がガラッと変わって、(犬を)乗り降りさせ易いスライドドア、燃費良く排ガスがクリーン、環境に少しでも優しいハイブリッドやEVが欲しいと思うようになりました。とは言っても漠然とイメージがあるだけで、具体的に欲しい車は無かったんですよ。みんな帯びに短し、たすきに長し・・・。ハッキリ言っちゃえばCT200もそうなんだけど、発表前からかなり気になっていたので本当に久し振りにディーラーに見に行っちゃいました。以下、実際に乗ってみての感想です。

スタイルや内装のデザインは好みがあるので何とも言えませんが、個人的にはもう少し大人っぽさが欲しいところ。アウディA3、BMW1、VWゴルフと完全にバッティングする価格帯なので余計にそう思いますが、質感の高さはこれらライバルと比べても遜色ありません。シートに座るとサポートの良さ、フィット感に感心。硬さも丁度良くこれなら長距離ドライブの疲れも最小限でしょう。ただ、気になるのはダッシュボード上端がかなり高い所にあり、ガラスの面積が狭いこともあって視界がやや悪いこと。フロントだけでなく、サイド・リアも同傾向にあって座高の低い女性は運転し難いと感じるかも知れません。運転席にはハイトアジャスターが装備され、最上にすれば多少は改善されますが・・・。ポジション自体は極めて自然に決まるのはありがたいことです。

ハイブリッドということもあって操作系は独特です。ATのセレクターは電子スイッチ式、通常のトルコンに比べればかなり小さい、ゲーセンのスティックのような形状、それをDに入れ走り始めます。ドライブはエコモード、スポーツモードが用意されセンターコンソール下のノブを左右に回すことで切り替えます。エコはアクセル開度に比べ、実際の加速は伴って行かず遅れて速度が上がる、つまりかなりかったるい感じ。これに対してスポーツは数段レスポンスがアップ、加速感もリニアになり、パワステの操舵感も重く変化します。燃費の差がどの位あるか分からないけど、日常でもスポーツがお勧めですねぇ。ちょっと、エコはタルすぎかな?
絶対的な加速感もメーカーの言うように2L級はありそうで、決して遅い車ではないですね。

ボディ剛性(感)が相当高いことも好印象。試乗車はバージョンC、タイヤは16インチの205/55ですが走行中のボディはあくまでフラット、足は実にしなやかに良く動きギャップも軽くいなしてくれます。一般道での試乗なので高速域は未体験ですが、走りは全体にドイツ車にひけを取らない重厚感があると言って良いでしょう。ちょっと気になるのはブレーキ。以前、アメリカでプリウスのブレーキ(回生ブレーキ)にクレーム、というニュースが流れましたがその特殊なシステムのせいなのか、はたまたセッティングのせいなのかは不明だけど、踏み始めから唐突に効き始め、ソフトに停止するというコントロールがややし難いな、と感じました。これは全くの新車で当たりが付いていないということも理由としてあるかも知れません。

街中での試乗なのでハンドリング云々もハッキリとは言えませんが、ステアフィールも好印象です。直進の座り、そこから僅かに切り始めた時のレスポンス、ブレーキングの安定感も文句ナシ。居住性はこのクラスとしては少々狭めでしょうね。特にヘッドクリアランスがキツイ。前述のダッシュ上端に同じくカーゴスペースの床も(地上から)かなり高く、重い荷物の積み下ろしもやり難そうです。まあ、ハイブリッドということもあり、モーターや電池を積み込む必要があるので仕方の無いことなのかも知れません。

装備はほとんどフル。最上級のバージョンLでは本革シートまで奢られ、オプションで選ぶとしたらスライディング・ルーフ位でしょうか?尤も、価格も430万円と一昔前のこのクラスの国産車としては考えられない程の良いお値段ですが。一つ、苦言を呈したいのは本革シートの場合、運転席がパワーシートになるのは良いとして、助手席はマニュアルのままであること。レクサスというプレミアムを狙うブランド、430万円という価格を考えると如何にも貧乏臭い。これはオプションでも良いから絶対に助手席もパワーシートの用意をすべきと思います。

とまあ、細かい苦情はあるものの、今現在、最も欲しい車であることに変わりはありません。
確かにこの価格を出すならアウディ、BMW、VWといった、プレミアム度では上を行くと思われるブランドも手が出ます。但し、これらはみないわゆるハイオク仕様です。実用燃費もプリウス式ハイブリッドのCT200Hには遠く及ばないでしょうね。試乗で燃費なんか分かりっこないけど、セールスの方の話では「街中で渋滞があったとしても16~19km/lは楽に行くのでは?」 とのことでした。プリウスでもそうだけど、こんな車を手に入れたらついつい遠出をしてしまいそうですね。エコとは反する結果になってしまいますが。最大の問題はお金。お金があれば欲しいなぁ・・・。宝くじ、当たらないかなぁ・・・って、結局それかい(笑)


 「良い車なのは分かったけど、何でタイトルが柴犬インプレッションなの 乗ったのはなんじゃないの エイリアン・インプレッションが正しいんじゃないの

 「・・・カカカ・・・ケコケコ・・・(また余計なことを
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。